インド映画夜話

デーヴダース (Devdas) 2002年 183分
主演 シャー・ルク・カーン & アイシュワリヤー・ラーイ & マードゥリー・ディークシト
監督 サンジャイ・リーラ・バンサーリー






 10年ぶりにロンドンの大学から帰ってきたデーヴダース・ムケルジー。
 彼が最初に訪ねたのは、息子の帰りを待つ母ではなく、幼なじみのパロー(=パールヴァティ・チャクラボルティ)の家だった。

 2人が結婚を望んでいる事を知っているパローの家では、デーヴを喜んで迎え入れるものの、デーヴの両親はこれを恨み、身分差を理由にデーヴに今後チャクラボルティ家に行かぬよう明言した上、公衆の面前でパローの母親を侮辱する。
 この事からパローの母親は、ムケルジー家を見返すために、デーヴよりも裕福で身分の高いタークル・ブヴァン・チャウドリーとパローとの縁談を取り付けてしまった。これに絶望したデーヴは、パローの結婚式も待たず家を出奔。ロンドン時代の友人チュンニバブーの勧めで高級娼婦のチャンドラムキーの所に転がり込む…。

挿入歌 Dola Re Dola (心臓と魂の鼓動)


 なんともソープオペラのようなお話…なんだけど、衣裳・舞台美術ともに凄まじく豪華絢爛。
 それもそのはず。この映画の原作は1917年にベストセラーとなったベンガル語小説で、今回で5度目の映画化となるほどの人気作なのだ!(*1)

 とにかく画面はこれでもか! って言うほど派手派手派手(*2)。
 それに加えて出演が、キング・オブ・ボリウッドのシャールク。ボリウッドの女王でミス・ワールドのアイシュワリヤー。90年代前半までボリウッドの女王として君臨して未だ健在のマードゥリーと来りゃ、映画として失敗しない方がおかしい…いや、失敗は許されないのだ!!

 ミュージカルシーンの躍動感はとてつもなく、マードゥリーとアイシュのコンビもお互いがお互いを主張し合う見事っぷり。
 物語そのものは古典的で(*3)、それほど引き込まれるものはないものの、圧倒的な映像的華美が見る人をうならせる。

 日本では2012年のIFFJ(インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン)にて「デーヴダース」のタイトルで上映。

挿入歌 Maar Dala (身を切るような[我が喜び])



受賞歴
2002 Filmfare Award 作品賞・主演男優賞・主演女優賞・監督賞・助演女優賞(マードゥリー)・女性プレイバックシンガー賞(Dola Re Dola)・撮影賞・美術監督賞・振付賞(Dola Re Dola)・シーン・オブ・ジ・イヤー賞
2002 Star Screen Award 作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞(マードゥリー)・音楽監督賞・No.1カップル賞・男性プレイバックシンガー賞(Woh Chand Jaisa Ladki)
2003 National Film Award 金蓮最優秀人気エンターテイメント賞・銀蓮美術賞・銀蓮衣裳賞・女性プレイバックシンガー賞(Bairi Piya)・銀蓮振付賞(Dola Re Dola)
2003 IIFAインド国際映画協会賞 作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞(キーロン・ケール)・作詞賞(Dola Re Dola)・女性プレイバックシンガー賞(Dola Re Dola)・台詞賞・撮影賞・美術賞・振付賞・衣裳賞・メイク賞・音楽録音賞・録音賞
2003 Zee Cine Award 作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・撮影賞・女性プレイバックシンガー賞(Dola Re Dola)・振付賞・衣裳賞・特別インディアン・ビューティー賞(アイシュワリヤー)
2003 Bollywood Movie Award 作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・助演女優賞(キーロン・ケール)・衣裳デザイン賞・振付賞

2009.9.3.

戻る

*1 最初の映画化は1928年!

*2 制作途中で資金繰りが苦しくなって、てんてこ舞いだったそうで…。

*3 3人の織りなす三角関係は、クリシュナ神話になぞらえているそうな。